« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

小林流:大ゲイマがかりからの展開

さっき“囲碁BlogNet”をながめていたら、ブログ「へいほう!」に
台湾の小林流 黒11の一間トビという記事があるとのこと。
さっそくのぞいてみると…

なんと、先日週刊碁で取り上げてもらった手を
台湾の棋士が検討しているらしいのです。

これにはびっくり。

棋譜に著作権があるのかどうか分かりませんけど、
とにかく今回は詳しい図はここには載せません。
本文が中国語なのが難点ですが、手順は黄祥任さんのブログをご参照ください。

201004141 201004142












左が私が検討中の形で、右が黄さんのブログにある最初の形。
P-14のデを打っているかどうかにかかわらず、Q-12のオサエが有力だと
思っていたのですが… 黄さんの図には全く出てきていません。
もしかしたら、もう黒ダメの結論が出てしまっているのかも…?

201004143なお、週刊碁で片岡聡九段が
示してくださった図(18まで)はこちら。

研究会でも、Hさんが同じ18までの図を示されたので
たぶんこれで白が悪いということはないのでしょう。

19は緩着でしょうか?こう打ちたくなるのですが…
ちょっと下辺に偏しすぎてますかね。




あと、黄さんの2つ目の図は伊田篤志初段-奥田あや二段の実戦例があって
黒悪くないと思っていたのですが、なんとP-18にツケる手があったんですね。
7が星にあっても成立するのかどうか…は要検討だと思いますが。

それにしても、びっくりしました。
「へいほう!」のもっもさん、ありがとうございました。
私個人では絶対このブログの存在に気付きませんでした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

goxi

囲碁のSNSで"goxi"があるのは、ここにいらっしゃる方なら
ご存じだと思いますが…私も今日登録しました。
http://goxi.jp/?m=portal&a=page_user_top

HNはここと同じく「臥龍」です。

幽玄の間の棋譜もはりつけられるようなので、
自戦記はそっちに書くようになるかもしれません。
できればこっちにも転記したいところなのですが…うまくいくかどうか。

goxiでも、見かけたらお声をかけてください。
よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »