« 囲碁入門教室・第3回 | トップページ | オールアマ囲碁団体戦 »

アマの碁いちばん

今日は待望の(?)週刊碁3月15日号が届きました。
なぜかというと…先日ここで書いたとおり、片岡聡九段のコーナーの
「アマの碁いちばん」に私の棋譜が採用されたからです!happy01

コメントの中では“オリジナルの手”とほめていただけましたが、
元ネタが実は「七段合格の定石150題」にあります。

それを見て自分なりに試してみるうちに、小林流(もしくはその類型)との
相性がピカイチなことに気がついたわけです。

最近の実戦例でも、幽玄の間で3局ほど見かけました。
 伊田篤志初段-25世本因坊治勲(幽玄杯)
 伊田篤志初段-奥田あや二段(新人王戦予選)
 安斎伸彰六段-林子淵七段(富士通杯最終予選)

正確に言うと、試している途中に伊田初段が実戦で打っているのを見て
自信を持った(いや、調子に乗った???)というのが本心ですかね。coldsweats01

ただ、心配していた「敗着」をやっぱりワンポイントで取り上げられました。
ポン抜きを許すような手を打ってちゃ、これだけで「七段失格」と言われても
仕方ない感じですけど…これに関してはとにかく猛省です。はい。crying

でも、これを教訓に強くなれれば、恥をかくくらい何てことないですよね。
とにかくまだまだ勉強あるのみ!です。run

|

« 囲碁入門教室・第3回 | トップページ | オールアマ囲碁団体戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1181170/33687208

この記事へのトラックバック一覧です: アマの碁いちばん:

« 囲碁入門教室・第3回 | トップページ | オールアマ囲碁団体戦 »