« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

囲碁入門教室・第2回

今日は、「みんなで学ぶ楽しい囲碁入門教室」の第2回が開催されました。

前回と同様、子供たちを中心にたくさんの方々に集まっていただき
ほぼ満席の大盛況でした。感謝感謝です。happy02

今回講師として来ていただいたのは、大木啓司七段、金艶三段、上田崇史三段。
前回と同じように入門教室、上達講座、指導碁を行っていただきました。

2010021111_2

上田先生の入門教室

皆さんいっしょうけんめい聞いてます。



2010021121

金先生の上達講座

ここまでは子供達もおとなしかったんですが…
やっぱり子供たちの元気というかパワーはすごいですね。


2010021131

大木先生の指導碁

みんな真剣sign03




加えて今回は、午前中に「新春囲碁フェスタ」として
大人も指導碁を受けられるようにセッティングしていただけました。

私は…金先生に3子でお願いしましたが、時間が来てしまい打ち掛けに。
例によって厚がって緩着がいくつかありましたが、それでもこれからの碁。
プロに3子でこの内容なら…少しは上達してるのかな?coldsweats01
まだまだ頑張って勉強しなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講習会後の指導碁

今日の学校囲碁指導員講習会では、講義を受けた後に
出席者を対象とした指導碁を受けることができました。

水間先生と黒瀧先生、それぞれ8面打ちsign03
私は水間先生に3子でお願いしました。

201002071_224(J-17)
序盤、2間高バサミ定石後の打ち方がまずくて
危なっかしい形になっちゃいました。
18は20のツケが形で、30はその1路左にサガるべきと
局後先生にご指摘をいただきました。

その爆弾をかかえたまま、今度は右下隅でコウ争いに。

20100207254(E-3)、57(D-3)、69(O-10)
けっきょく、上辺を犠牲にして62と打ち抜きました。
左下隅が白地になっちゃいましたけど、切りサガリも
残っているのでまぁこんなものかな、と。

…と思ったら、今度は左辺でコウ争いに。
分かってて仕掛けたコウなので、負けるわけにはいきません。

20100207381, 87, 93(O-10)、84, 90(O-9)
82は、コウに負けた場合持ち込みになるので
最初に打つべきではなかったかもしれませんが…
このときは93取りの後94から一気に押し切るつもりでした。

96で方針転換したのが良くなかったようで、
やっぱり押し切るほうがよかった、と先生もおっしゃってました。

最後は左下の黒をしのいで、上辺6子を捨てて中央を厚くしたところで時間切れ。
先生から「この碁は黒の勝ち」とコメントをいただきました。

記憶違いでなければ、プロに打っていただいた指導碁で勝てたのは
生まれて初めてじゃないかと思います。

これまでは、高校生の時に叶井天平先生(5子)に打っていただいて以来
加藤啓子先生(3子)・戸沢昭宣先生(3子)・吉田洋逸先生(3子)と
打っていただいてますが、勝ち星をあげることはできずにいたのです。

意外なところで、私にとって記念すべき1局が生まれました。happy02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

学校囲碁指導員講習会

今日は市民ホールやたべで、「学校囲碁指導員講習会」が行われました。

この講習会は同指導員でなくても誰でも参加することができ、
今日も20名あまりが出席していました。

講師を務められたのは、水間俊史七段と黒瀧正樹六段。
水間先生は12月の囲碁入門教室にもお越しいただきましたが、
子供への指導では長年のご経験がおありとのこと。
今日もその経験談を交え、すごくわかりやすい講義をしていただきました。

印象に残ったのは、「口を出しすぎない」ということですね。
石を囲んで取れるようになることなど一つ一つが進歩なのだから、
その進歩を尊重して伸ばしてあげることが大事だということをおっしゃってました。

実際にこの知識が役に立つ日が来るのだろうか…とも思いますけど
その時は、まず家内と子供に試してみることになりそうですね。

なお、この講習会を受講したことによって
指導員になる条件を一つ満たすことになるのですが…
ネックなのは私が教員免許を持っていないこと。shock
(いや、正確にいえば単位を取る意思はあったんですけど
サボりぐせの方が勝ってしまった)

指導員であるかどうかで今後の活動が大きく変わるようなら、
母校に推薦をお願いしたりする必要があるんでしょうけど…
資格がなくても活動できるんだったら、無理して取る必要もないし。

実際のところはどうなんでしょうかねぇ?gawk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年3月 »